シャノンのマーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは、オンライン/オフラインのマーケティング活動全般を統合管理をして、
顧客に最適なコミュニケーションを自動化する手法、およびそれを可能にするプラットフォームのことです。

なぜマーケティングオートメーションが必要なのか

モバイルやSNSなどの普及、テクノロジーの進化によるマーケティング手法の多様化を背景に、マーケティングチャネルは日々複雑化しています。

日本のマーケティング施策では、依然としてイベントや展示会、セミナーなどのオフライン施策も影響力が強いですが、多くの企業はオンラインへの取り組みを強化して、デジタルマーケティングへシフトしています。 結果、カスタマージャーニーは複雑化しています。

さらに、デバイスの多様化やマーケティングテクノロジーの進化によって顧客行動導線が容易にデジタル化されるようになり、行動履歴や購買履歴、導線データなどが個人情報と紐づけてリアルタイムに把握できるようになりました。 これらのデータ解析/可視化技術の応用により、デジタル化された顧客導線の理解が進み、マーケティングオートメーションに取り組む素地が整って来ています。

データ活用が実現するコンテンツレコメンデーション

リアルタイムでのデータ取得・解析・可視化が進んだことで、属性や行動に基づいたコンテンツのレコメンデーションが可能になりました。
最適なコンテンツを、最適なタイミングとチャネルで提供できればコミュニケーションの影響度が高まり、成果の向上が期待できます。

マーケティングオートメーションとは、顧客や見込み客に対して継続的なフォローを行い、関係を醸成・発展させ、営業可能なレベルにしてから営業プロセスへ引き渡すためのマーケティングプロセス最適化手法です。マーケティングオートメーションを活用することで、最適なタイミングで最適なコンテンツに誘導し、カスタマージャーニーを具現化するための煩雑なプロセスを自動化することができます。


マーケティングオートメーションツールは、顧客獲得から収益化までのつなぎ込み、
その成果を確認するために必要な機能がすべて含まれます。

たとえば、顧客獲得の窓口となるフォーム作成や獲得に関連したデータの管理機能、
顧客とのパーソナルなコミュニケーションを可能にするメール配信機能や広告配信・ソーシャル関連機能、
さらに、確度の高い顧客を抽出するためのスコアリング機能などです。

機 能 群 摘 要
メールマーケティング 対象セグメントに対して、あらかじめ設定したシナリオでパーソナライズしたメール配信ができる。最適なタイミングで顧客をフォローすることができる機能。
広告連携 顧客と広告を紐付けることにより、LTVに基づく広告評価や、マーケティング履歴に基づくパーソナルな広告配信が可能。
ランディングページとWEBフォーム WEBフォームやランディングページがキャンペーンごとに自動生成・管理できる機能。
マルチチャネルキャンペーン管理 オンライン・オフラインを問わないコミュニケーションチャネルを組み合わせて顧客をフォローするキャンペーンを実行・管理できる機能。
顧客管理 顧客のライフサイクルを管理し、獲得から育成、商談までのプロセスまでの行動履歴情報を蓄積して一元管理できる機能。
スコアリング 顧客に紐づく情報をスコアルール化し、顧客の定量評価や優先順位付け、またマーケティング活動の検証に活用できる機能。
CRM統合 マーケティングツールとCRMシステムとをダイレクトに接続し、「顧客管理」と「商談パイプライン管理」を連携する機能。
ソーシャルツール ソーシャルメディアと連携し、顧客データの取得や分析、ソーシャルキャンペーンの拡散などが行えるツール。

ビジネスに与えるインパクトとは?

マーケティングオートメーションがビジネスあたえるインパクトを考えるとき、「顧客の反応や行動履歴情報」の活用はかかせません。
「顧客の反応や行動履歴情報」によって、顧客の興味関心を図ることができ、このデータをCRM/SFAと連携することで、どのような行動が商談に貢献したのかが見える化できます。この見える化には、どのような意味があるでしょうか。

  • ● 商談につながった企業の属性や接点をマーケティングチャネルを把握することで、自社にとって「よい顧客」の条件がわかる
  • ● 見える化されたデータの分析によって、各キャンペーンの影響度を測ることができる

自社にとっての「よい顧客」の条件や各キャンペーンの影響度がわかることで、マーケティング施策の全体最適に向けた正しい意思決定が可能になります。これまで各施策を実施した直後に獲得した顧客がどのぐらい商談につながったか、という部分最適で意思決定を是正していた状況が解消されるのです。

その結果、営業可能な顧客抽出の精度が向上し、継続的に商談機会に貢献することが可能になると言えるでしょう。

Marketing Platform
ROI向上を支援する機能群とサービス

シャノンマーケティングプラットフォームは、オンライン・オフラインを問わず企業が蓄積する顧客情報と履歴情報の管理、
それらを活用したマーケティング施策の実行、実行後のマーケティングROIの見える化までをワンストップでサポートするツールです。

メールマーケティング

柔軟な条件で抽出したターゲットリストに対しての一斉配信はもちろん、メールテンプレートや差し込み機能などによりパーソライズされたメールを配信できます。また特定の条件やタイミング、あるいはシナリオベースの自動配信により、コンバージョンの促進やリードナーチャリングを実現できます。

ランディングページとWEBフォーム

各種登録フォームやアンケートフォーム、ランディングページをキャンペーンごとに自動生成・管理できます。もちろんモバイル向けに最適化されたフォームにも対応します。

基幹システムなどとのID連携、定員や期限に応じた締切の自動化などのきめ細やかな機能を備え、実業務に最適なマーケティングのプラットフォームを提供します。

マルチチャネルキャンペーン管理

オンライン、オフライン問わず、企業が実施するマーケティングキャンペーンを統合管理します。キャンペーンの開催や申込状況の見える化、申込管理に加え、セミナー・イベント運営管理、バーコードなどを活用したオフライン接点のデジタル化などにより、カスタマージャーニーのすべてのタッチポイント管理を実現します。

顧客管理

顧客の獲得からコンタクト状況、行動(広告クリック、メールクリック、WEBアクセス、問合せ、申込み、来場など)の履歴情報といったヒストリカルデータ、顧客に紐づく企業情報や役職ランクなどのデモグラフィックデータ、また顧客に対して行ったマーケティング施策やその結果までを含めて統合的に管理します。これにより精度の高いセグメンテーションが可能になります。

広告効果測定

広告投資の最適化は、デジタルマーケティングの成果を向上させるための重要課題の一つですが、広告の効果を正しく分析、把握することは非常に困難です。 シャノンのマーケティングオートメーションでは、蓄積されるリード情報と各種履歴データを広告データと紐づけることにより、商談化したリードや売上に直結したリードといった売上に直接貢献した広告をリアルタイムで把握することができるようになります。 これにより、各広告施策における貢献度を明確にしたうえで、効果の高い媒体や施策への集中的なコスト投入や広告運用改善など、自社の広告投資の最適化を図ることが可能になります。

スコアリング

顧客に紐づく情報をスコア化し、「ゆれ」と「ずれ」が無い顧客評価、より正確で商談につながりやすいターゲット顧客の抽出、またマーケティング活動や成果の定量評価を実現します。スコアの減算、増分値のキャッチ、スコアリングの定期実行、特定のスコアに達した顧客情報を営業部門にエスカレーションする自動通知機能により、顧客の優先度付だけでなく、マーケティングと営業部門の連携強化を実現します。

CRM連携

CRMシステムとダイレクトに接続し「顧客管理」と「商談パイプライン管理」を連携します。
商談データとマーケティングデータを同期することにより、マーケティングのROI測定、スコアリング分析がリアルタイムで実現できます。また休眠顧客やロスト案件データからの顧客の掘り起しなど、マーケティングで保持していないデータを使った効果的なマーケティング施策の実行と検証を可能にし、マーケティングと営業部門でのスムーズなデータ共有・活用を支援します。

ソーシャルツール

ソーシャルメディアのシェア機能を活用したキャンペーンサポートツールも提供しています。ポイント付与によるインセンティブの仕組みで効果的な情報拡散と集客が行えます。

安心のサポート

お客様が安心してご利用いただけるよう、運用方法のご提案から設定、専任スタッフによるサポートなどを提供しています。また、マーケティング関連サービスや、コンサルティングの提供など、お客様の成果向上を支援するサービスを取り揃えています。

  • 統合データに基づく分析とスコアリング設計 マーケティングオートメーションの精度を向上するために
  • マーケティングオートメーション時代に必要な15のKPI
  • 資料請求
  • お問い合わせ