企業情報から顧客の行動履歴まで、データドリブンなウェビナー運営術をご紹介

7月 28日(火) 14:00~15:40 (100分)

オフラインイベントが開催できない現在の状況で、多くの企業がウェビナーの取り組みを始めました。ウェビナーに取り組んで成果をあげるためのコツは「データドリブンなウェビナー運営」を実施することです。

本セミナーでは、データベース活用の専門家であるランドスケイプ社と、ウェビナーマーケティングに強いMAを提供しているシャノンが「データドリブンなウェビナー運営」ノウハウを公開していきます。

これまでと変わらない原理原則、ウェビナー特有のデータ活用、それらを踏まえて実際にどのように運営しているかを解説していきます。

以下の課題を持つ企業様には特におススメです。

  • ウェビナー実施をこれから社内で推進していきたい
  • DX推進がミッションでウェビナー運営に興味がある
  • とりあえずウェビナーを開催してみたが、いまのやり方が正しいのか不安
  • ウェビナー集客のためのリード数に不安がある

ウェビナーに興味のあるマーケティングご担当者様必見の内容です。
ぜひご参加ください。

digital×analog

顧客は、デジタルとアナログにまたがって行動しています。
これに対応するマーケターは、顧客体験を中心にデジタルとアナログにまたがったマーケティング設計と実行が必要です。

詳細はこちら

シャノンのマーケティングオートメーション

マーケティング
オートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは、顧客をセールスパイプラインに乗せる前に実施する、オンライン/オフラインのマーケティング活動全般を自動化する取り組みです。

詳細はこちら

どんな機能が
あるの?

これまで煩雑だったマーケティングの施策に必要な機能をシャノンのマーケティングオートメーションツール1つで解決!リード獲得から収益に繋がる業務を殆ど自動化させることで、施策の検証までスムーズに対応可能です。

詳細はこちら

ビジネスに与える
インパクトとは?

マーケティングオートメーションは、自動化だけでなく、データの一元管理やROIの可視化など、マーケティング全体の最適化を実現します。

詳細はこちら

セミナー

セミナー運営業務に関する煩雑な作業を自動化しながら、間接コストを約50%削減できます。システムの効率化により、これまでと同じリソースで開催件数を増加させることも可能です。有効活用することで「売上に貢献できるセミナー」を実現しましょう。

詳細はこちら

マーケティング

リード獲得の窓口となるフォーム作成や獲得したデータの管理機能、リードとのコミュニケーション手法であるメールやソーシャル関連機能、さらに、確度の高いリードを抽出するためのスコアリング機能、獲得したリードからどれぐらい売上が発生したかを確認するためのCRM連携などがあげられます。

詳細はこちら

イベント

展示会やイベントの受付管理システムの開発から始まったシャノンの歴史。準備段階から事務局運営、来場者の事後処理、フォローまでをワンストップで対応いたします。システムにより常に状況を把握しながら最適なタイミングでフォローを行うため、主催者・来場者ともに満足度が高いのが特徴です。

詳細はこちら