プレスリリース・お知らせ

PR

【活用事例】ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社がSHANON MARKETING PLATFORMを導入 ~インサイドセールスチーム立ち上げと同時にMAを活用~

by shanon_marketing on in PR

株式会社シャノン(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 健一郎、証券コード:3976 以下、シャノン)は、ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長: 山本 和夫 以下、ジャックス・ペイメント・ソリューションズ)における、マーケティング支援システム「SHANON MARKETING PLATFORM(以下、SMP)」の活用事例を発表いたします。

1027_kv.jpg ジャックス・ペイメント・ソリューションズは、EC事業者向けの後払い決済サービス「アトディーネ」を展開。この事業開始から5年後、インサイドセールスチームを立ち上げたタイミングでSMPを導入し、電話コールから、商談、案件化までのプロセスを整備することで、事業を軌道に乗せています。 同社では電話コール時に、今検討段階ではない顧客に対しても検討時期のヒアリングを行い、顧客の感触や確度をインサイドセールスの活動履歴としてSMP上に登録することを徹底しています。これにより、毎月の見込みを一覧で抽出でき、スコアリング機能で優先的にアプローチすべき顧客が明確になるため、タイミングを逃さずアプローチをすることが可能になりました。 さらに、電話コールから、商談、案件化それぞれのフェーズ定義とKPIを設定し、KPIの管理にもSMPを活用しています。今後はインサイドセールスのアプローチに加えて、ウェビナーやコンテンツ配信にも注力していきます。

導入による効果

  • 顧客の検討時期や感触など、今後の電話コールや商談で重要になる情報の蓄積
  • スコアリング機能による優先的にアプローチすべき顧客の見える化
  • 商品の説明機会獲得数や案件化数などのKPI管理

事例インタビュー概要

  • 「ECサイト担当者の情緒の壁」を乗り越えるインサイドセールス
  • SMPを活用してインサイドセールスを成功させる3つのポイント
  • コロナ後さらに広がるインサイドセールスのチャレンジ

【事例インタビュー】チーム立ち上げと同時にシャノンのMAを導入、ジャックス・ペイメント・ソリューションズ流のインサイドセールスでMAを活用する方法とは

株式会社シャノンについて

シャノンは、クラウドテクノロジーをコアに、企業のマーケティング課題を解決する製品・ソリューション・サービスを提供しています。イベント、セミナー、マーケティングオートメーション、デジタルとアナログを組み合わせるデジアナマーケティングなどを実現するシャノンのマーケティング支援システムは、金融、IT・通信、製造業など業種を問わず、大規模から中規模まで多様なシーンでご利用いただいています。

社名商号 :株式会社シャノン
証券コード:3976(東証マザーズ)
設立   :2000年8月
代表者  :代表取締役社長 中村 健一郎(なかむら けんいちろう)
所在地  :東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル4階
事業内容 :クラウド型マーケティングソリューションの企画・開発・販売・サポート
マーケティングにかかわるコンサルティングおよびサービスの提供
URL   :https://www.shanon.co.jp/

製品に関するお問い合わせ先

株式会社シャノン マーケティング部
TEL:03-6743-1565
E-mail:marketing@shanon.co.jp

報道関係者からのお問い合わせ先

シャノンPR事務局(イニシャル内) 担当:小野・山田・根本
TEL:03-5572-6316
FAX:03-5572-6065
E-mail:shanon@vectorinc.co.jp